ファイナンシャルプランナー、MBAへの道

内山FP総合事務所株式会社代表取締役内山貴博です。 FPとして仕事をする中で、クライアントからのビジネス相談に接する機会もあり、また、ライフプランを話す上で独立開業や事業承継などビジネスイベントも重要な要素だと感じています。そして何より自らも経営者として、改めて経済や経営をしっかり勉強したいと感じMBAへの挑戦を決意! 日々の取り組み、学んだことなどをまとめていきます。

2016年03月

QBS・一次試験結果発表

9月末に一次試験に必要な書類・レポートなどを投函し、
待つこと約1か月。

一次試験の合否は郵送で知らされます。

「10月22日頃発送」となっていたため、この「頃」が気になり、
20日あたりから郵便ポストを気にし始めました。

21日、22日と届かず。
そして23日金曜日。

妻から九州大学から郵送物が届いている旨連絡があり、
ドキドキしながら帰宅しました。

帰宅後、テーブルの上に置かれている封書を空けると・・・

q5

合格!の文字が!!

ここ数年、試験といえばTOEICのみで、これは合否ではなく得点のため、
久しぶりに「合格」の文字に触れ、興奮しました!

しかも・・・

q6

二次試験で行われる英語能力審査は免除!

大学側から明確なTOEFLやTOEICの点数について記載はありませんでした。
よって私の点数(TOEIC690点)が必ず今後も審査無になるとは限りませんが・・・

英語の書籍を使う講義、英語だけで行う講義などもいくつかあり、それに
対応できるかどうかが求められるのだと思います。

この封書と一緒に二次試験の詳細が記載された書面も入っていました。
二次試験は面接のみ。とはいえ、あと1週間しかありません。

面接前に7~8分程度、一次試験で提出したレポートを前提に志望動機など
を発表しなければなりません。

持ち込みができるのは受験票のみ。
すなわち、しっかり話すことをまとめ、覚える必要があります。

とはいえ、その日は一次試験突破したので、次のことは考えずひとまず安堵。

数年前、30歳を過ぎたあたりから、やっぱり英語をマスターしたいと思い、
英単語から勉強を始めました。何度も何度も挫折した英語、今度は挫折しない
ようにと工夫しながら。

勉強しても即効性が無く、ビジネスで使えるレベルでは無く、長い道のりですが、
こういう形で努力が実るとは思っていませんでした。

おそらく英語に苦手意識があれば募集要項を見てあきらめ、
受験自体しなかったと思います。

努力し、そしてそれを継続していればいつか報われる。
束の間、そんなことを考えながら・・・いざ二次試験へ!


  

にほんブログ村  にほんブログ村


内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524/


人気ブログランキングへ

一次試験(書類選考)について

一次試験は書類選考です。

卒業大学から成績証明証を取り寄せ、英語能力を示すものと
してTOEICの成績証も。

そして、志望動機や学習の目的、今までの社会活動などそれぞれ
1,000字のレポートを4種類まとめます。

私の場合、FPとしての活動を中心に、開業し、様々なクライアントと接し、
経営の知識の必要性を強く感じたことをまとめました。

また九州大学はアジアを中心にグローバルな人材の輩出に注力しています。

私自身、短期間ですが一人香港やシンガポール、オーストラリアなどに
足を運び、銀行で口座を開設したり、証券取引所を見学したり、また、
オーストラリアではFP事務所を訪問したことなどをアピールしました。

グローバルなFPとして活動したいが、まだまだ道半ばであることも
正直に書き、だからこそしっかり自分に負荷をかけて勉強したいと
いうこともまとめました。

この一次試験のレポートをもとに二次試験の面接が行われます。よって
本当に感じている動機、目標を正直に書くことがポイントだと思います。

また私の場合は数回行われていた説明会の最後に参加したこともあり、
募集締め切りが数週間先に迫っていました。

それほど余裕のある時間ではありません。
レポートは自分のペースでギリギリまで見直し、書き直すことができますが、
大学の成績証明証(卒業証明証)は郵送などでやりとりしますので、時間を
要します。これは早めに行っておくのが良いと思いました。

幸い、私の出身大学は大学のHPで証明証発行の案内を分かりやすく
掲載してくれており、それを参考に請求用紙を作成、返信用封筒を添え郵送。

投函後、4日ほどで届きましたので助かりました。

この1次試験を通して、よく言う「人生の棚卸」をすることになります。
何かアピールできる点は無いか?どんな経験をしてきたか??

これは決して成功体験だけではなく、失敗でも良いと思います。
だからこそ、その失敗があり今がある。あるいはその失敗を次に生かしたい。

色んな経験を積極的にすることはこういう機会でプラスとなります。

そしてまた、自分のキャリアを振り返ることで未熟な部分も再認識すること
にもつながりました。



  

にほんブログ村  にほんブログ村


内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524/


人気ブログランキングへ

最初の1歩、説明会に参加!


  

にほんブログ村  にほんブログ村

学びたい。
でも仕事と両立できるか?
学費も負担しなければ・・・。

そんな悩みを解決してくれたのが説明会です。

社会人として大学院に通うという、周りに経験している人が少ない中で説明会に参加すると、現在通学している人や卒業生の話が聞け、そして実際の講義も体験でき。

q4

募集要項や受験のシステムなどもしっかりここで確認できました。

特に私と同じ事業をしながら通っている方の話は大変参考になりました。

「通学の影響で仕事への制約があり、売上は下がりました。」

「でも、しっかり学んで取り返せばいい。」

勇気が出ました

説明会の講義を受講し、こんな内容を2年間勉強できるんだとワクワクし、
その日はなかなか寝付けなかったのを覚えています。

自分の中ではこの日、受験をすることを決意しました!


  

にほんブログ村  にほんブログ村


内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524/


人気ブログランキングへ

九州大学ビジネススクール(QBS)合格発表

以下、2015年11月30日に別ブログにつけたものです。

40歳まであと2年ちょっと。
40歳からは”グローバルFP”としてワンランク上へ。

そのために何をすべきか。

1つの手段として選んだのが、大学院へ進学して学びなおすこと。

説明会に参加し、願書を出し、一次試験の合格通知を受け取り、
二次試験へ進み、そして先週金曜日、最終の合格発表日でした。

goukaku1

二次試験の面接が終わったのが11月1日。
それから約4週間。
落ち着かない日々でしたが・・・


無事合格していました!!

goukaku2

q1

心配で、ネットでも何度も確認

goukaku4


正式名称は九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻

http://qbs.kyushu-u.ac.jp/


通称、九州大学ビジネススクール(QBS)


九州なので、厳密にはKですが、慶応大学のビジネススクールが
KBSということで、九大はその音から”Q”となったようです!


博多駅阪急内にスクールがあり、平日夜はそちらで勉強、土曜日は大学キャンパスへ。


経済、経営、会計、英語


いずれもしっかり勉強したいものばかり。

特に、英語で会計などを勉強する科目もあり、まさに当社が行っている
「えいごのみー」の大学院版ビックリマーク


http://ufp.webin.jp/eigonomy.html


九大で勉強する。

大学院に進む。


いずれも自分のライフプランにはありませんでした。


起業してFPという強みができ、そして英語をめげずに続けていた
おかげで、世界が開けました。まだまだスタートもしていませんが、
もっと自分自身広く深みのある専門家を目指し、また様々な出会い
も楽しみ、努力していきたいと思います。


先輩方のブログなどを見ると、

とても仕事との両立は大変そうですが


野球&マラソンで鍛えた粘りと根性で、

2年間乗り切っていきたいです



  

にほんブログ村  にほんブログ村


内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524/


人気ブログランキングへ

受験決意から出願

以下は2015年9月30日に別ブログでつけたものです。


今の大きな目標は、もう一度しっかり勉強すること!


大学で非常勤講師を担当していますと、講義のカリキュラムを
作成します。と同時に、他の先生の授業科目名や内容に触れる
機会も多く、その都度、経済や経営を学び直したいと感じていました。


そして、それを実現すべく、九州大学大学院経済学府での
MBA取得コースに先日出願手続きを行いました。


シルバーウィークは、出願のためのレポート作成に時間を費やしました。


倍率は例年2~3倍。受かったらブログなどにアップしよう!
と思っていましたが。。。


もし落ちたら何も残せない…。
と多少弱気モードで今の気持ちを綴りました


そして結果はどうであれ、何度も読み返すことで高い意識を
持ち続けれればと思っています。

私自身、小さいFP事務所ながら経営者であり、加えて、経営者の
クライアントも多く、FP&MBAで仕事の質を高めたいと思いました。


特に、パーソナルファイナンスの域を超えて、ビジネスに関する
質問を受ける機会に遭遇する度に、自分の経験則、FPとしての
観点を頼りにしていますが、それとは切り口の違う知識や情報があれば。。。


ただ、卒業生のコメントなどを読むと並大抵のことではMBAは
取得できません。2年間仕事との両立は大変です。ある卒業生は
平日は毎日夜中に帰宅していたとか


今は時々早く帰宅し、趣味の時間だったり、子供との時間だったり、
仕事最優先ではなく、自分なりにバランスをとりながら、日々を
楽しく過ごせています。
(一時期は仕事最優先で、仕事ばかりでしたが・・・)


そんな生活から一変、受験生のような生活に


また、平日は夜間授業なので、夜の顧客対応や大学で担当している
課外講座なども制限されます。
当然、収入が減ります。さらには2年間学費が発生します。


大丈夫か??


とにかく、色んなことを考えました。


でも、今までやるべきだと直感したことで、やって後悔したことはありません。


なりたい自分目指して。ちょうど2年間頑張れば、卒業してすぐ40歳の
節目を迎えます。人生後半をより充実したものにするために。そして
何より、今まで以上のFPサービスを色んな方に提供できれば。


平日は事務所近くの博多駅のスクールで授業を受けることができるのも
便利ですし、それから、英語も後押しとなりました。



出願には一定の英語(TOEICなど)レベルが求められ、数年前だと
願書さえ提出できませんでしたが、ここ数年勉強していたため、
挑戦できます。努力したことはどこかで役に立ちます!


英語"の"授業ではなく、英語"で"授業を受ける機会もたくさんあるようで、
とっても楽しみです。講義も質問も発表も全て英語です。


合否はどうであれ、この今の思いを大切に、これからの時間を
過ごしていきたいです。そして努力していきたいです。


合格した際は、キツイ生活が待っているかもしれませんが、このブログを
読み直しながら高い目標を持って仕事と勉強の両立を図りたいです。


あまり考えたくありませんが、1次・2次選考、どこかで不合格となった
場合は、合格していた時の2年間以上に充実したものになるよう、
反骨心を持って頑張りたいです。(落ちてから宣言すればいいのですが


q4

とにかく、自分らしく、前向きに頑張っていきます


  

にほんブログ村  にほんブログ村



内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
人気ブログランキングへhttp://ameblo.jp/ufp0524/

ギャラリー
  • ギター侍!?
  • MBA甲子園出場に向けて
  • MBA甲子園出場に向けて
  • ビアガーデンBBQ
  • 入学パーティー
  • 入学パーティー
  • 修士論文スタート
  • 修士論文スタート
  • ファイナルプレゼンテーション
スポンサードリンク