ファイナンシャルプランナー、MBAへの道

内山FP総合事務所株式会社代表取締役内山貴博です。 FPとして仕事をする中で、クライアントからのビジネス相談に接する機会もあり、また、ライフプランを話す上で独立開業や事業承継などビジネスイベントも重要な要素だと感じています。そして何より自らも経営者として、改めて経済や経営をしっかり勉強したいと感じMBAへの挑戦を決意! 日々の取り組み、学んだことなどをまとめていきます。

2016年04月

ホーソン実験・人間関係論

ホーソンとは工場名で、その工場で実施された組織マネジメント
に関する実験のことです。

人間関係論では、人は見られることで生産性が上がるという
セオリーです。

確かに見られる=評価されるということでモチベーションに
つながり、生産性もアップしそうです。

また、同理論ではグループ活動の有効性、職場でのインフォーマル
なグループの影響力なども唱えています。

インフォーマルなグループ。例えば、ゴルフなどスポーツ仲間なども
それにあがると思います。仲の良い人ができて、自分のことを
知ってくれる人ができ、仕事をすることが楽しくなる、少なくとも会社
や工場に行くのが嫌で無くなれば、これもプラスの効果を発揮して
くれると思います。

1776年のアダムスミスの国富論で分業の概念が登場し、その後、
テイラーの科学的管理法で作業が標準化され、動作一つ一つを調査、
研究し、いかに効率よく作業を行い標準化していくかということが
追及されました。それを導入したフォードは一気に1日あたりの車の
生産台数は伸びたようです。

ただし、そんな中で働く人たちが常に一定の動きをして一定の成果を
上げることができるのか。

人として・・・

そんな部分を追及したのが人間関係論です。

色んな流れがあり、今の組織マネジメントに繋がっているようです。

2016年4月25日(月)組織マネジメント2回目終了





  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524

マーケティングのアウトカム(結果・成果)

マーケティングのアウトカムは3つ。

・機能的な価値
・情緒的な価値
・社会的な価値

マーケティングを行うことで製品・サービスの本質の
ところで勝負する(機能的な価値)

または車のシートは肌触りなど感情、嗜好に訴える
ことができる(情緒的な価値)

そして花王のアタックネオのようにすすぎ1回で時短、
そしてエコといった社会的な価値を見出す。

マーケティングを行うことでこういった成果をあげることに
つながります。





  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524

市場に対する企業の方針

マーケティング戦略2回目。

企業の様々な取り組みが聞けるので本当に参考になる講義です。

例えばレクサスのパワーウィンドウには一定のリズムがあるそうです。
動きはじめはゆっくりで、その後速くなりといったリズムは小笠原流の
礼法から取り入れているという話などはとてもおもしろかったです。

この日は
①生産コンセプト
②製品コンセプト
③販売コンセプト
④マーケティング・コンセプト
⑤ソサイタル・マーケティング・コンセプト

と5つのコンセプトを中心に勉強しました。

生産コンセプトはとにかく価格を下げ市場シェアを取る。
消費者は製品の入手可能性と安い価格に関心をもつと
いう考え方から成り立ち、開発途上国では理に適っている。

製品コンセプトは品質や性能も良く、目新しい特徴のある
製品を消費者は好むという考え方。
例えば資生堂は美しさ、花王は清潔感などにこだわり
良い製品を作ろうとする。製品に執着し過ぎ、市場ニーズを
見失うデメリットも。

販売コンセプトは企業側が何もしなしと消費者は動かない
という考え方で成り立つ。特に非探索品で有効。

マーケティングコンセプトは標的市場に対して競合他社よりも
効果的に顧客価値を生み出す。

そしてソサイタル・マーケティングではTHE BODY SHOPの例を
学びました。社会の幸福まで目を向ける考えで、例えば同社は
フェアトレードを実施しています。

フェアトレードとは開発途上国などに援助するのではなく、
実際に取引することでノウハウを伝え生産性を上げると
いった、寄付をするといった慈善事業と一線を画しています。





  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524

英語によるビジネスコミュニケーション1回目

先週休講だったので、長らくドキドキ楽しみでもあり不安でもあり。
待ちに待った!?英語講義の1回目。

資料が英語、テキストが英語というケースは他の授業にも
ありますが、授業自体が英語なのは1年前期はこの授業だけです。

ネイティブの先生がおもしろおかしく進行していきます。
中洲で朝まで飲んで奥さんに怒られ言い訳しているシーン、大爆笑です

出席カードをもとにランダムにどんどん当てられるため、
常に集中して話を聞きました。

またその都度、隣の人と会話を練習する機会もあり、
あっという間の90分です。

先生も言っていましたが、ビジネススクールは全く英語から離れて
しまってTOEIC400点レベルの方から、留学などを経験し900点以上の
人まで、非常に幅広いため、講義がやりにくいとのこと。

たしかに海外生活のある方のスピーキング力は際立っていました。

とはいえ、そこはプロ!
それらをくみ取りながら楽しく進んでいきました。

初回は中学英語レベルの会話が中心だったので、英語が得意な方に
とっては少し物足りない内容だったかもしれません。

ただ、後期からは英語でいくつかの科目を履修できますので、しっかり
前期で英語力基礎固め、90分英語でも耐えられるようにきちんと
取り組みたいと思いました。

各授業、先生の冗談など楽しい話に及ぶことはしばしばですが、
この授業が入学以来1番笑いが起きた授業でした

宿題は自己紹介に近い内容の英作文を4つ。
90分先生の英語をたくさん聞いて、隣の人と英語で話し、宿題では
英文を書き。英語力UPにつながりそうで楽しみです。





  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524

ニューノーマル論、日米の景気動向指数

資産運用とリスク管理2回目。選択科目。

経済・金融分野ど真ん中ストライク。
仕事柄、とても楽しみにしている講義です。

その中でよく聞くフレーズ。
「ニューノーマル」(新常態)

新たな状態に突入すると、それが”常態”となり、
それまでの状態には戻れなくなる。

例えばリーマンショック。
それまでのリーディングインダストリーは金融。
リーマンショックにより金融が崩壊、テクノロジー&サービスが
台頭し、新常態に。
ということで金融がリードする世界経済には戻らないのでは
ないか?というのが講師の持論です。

またこの講義では日米の経済指標詳細を比較しながら学習します。
今まであまり無かった経験です。

例えば景気動向指数。
先行、一致、遅行と日本は3つに分かれていますが、
米もLeading、Coincident、Laggingと3つに分かれており、
先行指数のみ同じような顔ぶれが並んでいるものの、一致や遅行は
日米間で異なることなどを確認しました。

資料の取り方、出所、見せ方など大変参考になります。




  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/

グローバルFPへの道<別ブログ>
http://ameblo.jp/ufp0524
ギャラリー
  • MBA甲子園出場に向けて
  • MBA甲子園出場に向けて
  • ビアガーデンBBQ
  • 入学パーティー
  • 入学パーティー
  • 修士論文スタート
  • 修士論文スタート
  • ファイナルプレゼンテーション
  • ファイナルプレゼンテーション
スポンサードリンク