アカウンティング15回目、最後の講義はグローバルな財務報告。

日本基準と国際基準の違いなどを勉強。

例えば国際的には日本の経常利益に該当するものが無いといった
話は大変参考になりました。

日本の場合、一般的にROAは総資産に対する経常利益で算出します。

ただ、国際基準では総資産に対する事業利益(営業利益+配当や利息)で
求めます。

FP1級資格などでもこういった違いは学ぶ範囲ですが、なぜROAの概念が
違うのか?そこまでは知りませんでした。

海外には「経常利益」という概念が無いから、結果としてROAの概念も変わる
のだと、気付く機会になりました。

のれん(Goodwill)も日本基準では規則的に償却し、毀損があった場合には
現存処理も行いますが、米国基準や国際基準であるIFRSでは償却せずに
現存処理のみです。

こういった違いもあるようです。



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ