2年次からは多くの学生がプロジェクト演習を選択し、
修士論文に取り組みます。

各先生が数名の学生を担当するゼミ形式です。

昨日、その担当教官が発表されました。

事前に学生は書きたい論文内容と担当して欲しい先生
を提出しており、それをもとに選考されます。

私は英語で論文に挑戦したいとおもっています。
英語でも対応してくれる先生を第一希望として、その希望が
叶いました!

日本語で取り組むより負担は大きいので、早めに取り掛かって
いきたいです。

論文が仕上がった時、自分自身がどれだけ経済や経営、
そして英語力が高まっているか楽しみです。



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ