ファイナンシャルプランナー、MBAへの道

内山FP総合事務所株式会社代表取締役内山貴博です。 FPとして仕事をする中で、クライアントからのビジネス相談に接する機会もあり、また、ライフプランを話す上で独立開業や事業承継などビジネスイベントも重要な要素だと感じています。そして何より自らも経営者として、改めて経済や経営をしっかり勉強したいと感じMBAへの挑戦を決意! 日々の取り組み、学んだことなどをまとめていきます。

マーケティング

ニーズとウォンツの違い

ニーズという表現はよくビジネスで使います。
そしてウォンツも同様の意味で使われることがありますが、
実際は以下のように定義されます。

ニーズ・・・満たされていない状況で生じる欲求

ウォンツ・・・ニーズを満たす具体的な欲求

例えば、空腹時は何か食べたいというのがニーズであり、
今日はラーメンが食べたいというのがウォンツになります。

今まで、ウォンツを使うべきところをニーズにしていたかも。。。

AKB48が I need you ~♪ I want you~ ♪ と歌っていますが・・・

あなたが私のニーズもウォンツも満たしてくれる



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ロジャースの普及理論

ロジャースの普及理論とは商品が普及していく過程で、
消費者を5つに分類したものです。

1イノベーター(3%)
新商品をいち早く購入する顧客層です。その分野にかなり
詳しいのが特徴で、リスクテイカーでもあります。
例えばiPhoneの新型に並んでも買うような人たちです。

2アーリー・アダプター(13%)
イノベーターの次の段階で購入する層で、
オピニオン・リーダーが多いとされます。

オピニオンリーダーとは口コミなど行い、 世論や集団の意思
形成に大きな影響力 をもっている人たちのことを指します。

3アーリー・マジョリティー(34%)
やや他の消費者より反応が早い層。
価格がある程度安定した時期に購入する傾向にあります。

4レイト・マジョリティー(34%)
広告やセールスには簡単に乗らず、全体的に反応の鈍い層。

5ラガード
伝統を重視し、新しい技術を拒否するような層。
例えばiPhoneなどスマホを使わずガラケーを使い続けている
人などが携帯電話分野で言うとそれに該当します。



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

VRIO理論(バーニー)

ポーターの競争優位(以下記事)は外部を意識したものですが、
http://fpmba.blog.jp/archives/5041615.html

企業の内部環境を分析する際は以下4つを重視すべきというのが
VRIO理論です。

V・・・Value 価値

R・・・Rareness 希少性

I・・・Imitability 模倣可能性

O・・・Organization 組織

外ではなく、内部に目を向けると、自社の商品やサービスの
価値はいったい・・・

そしてどれだけ希少性があるのか?

模倣、すなわち真似をされないだろうか?真似されやすいか??

そして、それら商品やサービスに対応する組織はどうなっているのか?

目の付け所を4つ明確にしてあります。
確かに、自分のビジネスで考えた際も、こうやって色分けして、
1つ1つ検証すると、色んな方向性が見えてきました。




  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ポーターの競争優位(5フォーシス)

ポーターの競争優位
5forces

企業が競争を意識する際、業界構造の特質を考えることが
有効とポーターが唱えた。

5つのforce(力)は

①既存企業間の競争
②潜在的参入企業
③供給企業
④買い手
⑤代替材

①は一番分かりやすく、同業他社。
②は今は参入していないが、参入する可能性がある企業。

例えば資格業(法律業)では弁護士さんが今まで行っていなかった
司法書士や行政書士の業務をするようになっているとよく聞きます。
これも競争が激化しているからで、司法書士や行政書士さんからすると、
弁護士さんが②に該当していたということになります。

③と④は商品の供給先や買い手(消費者)を明確にすることが
競争をする上で重要という位置づけでしょうか。

そして⑤は代替材。
代わりにこれで済まそう。といったものが登場すると当然それが
競争相手になります。

よって、やみくもに内部で競争意識を高める、あるいは外部を意識して競争心を
持つのではなく、明確に5つがそれぞれの企業にとって何になるのか把握する
ことが競争優位につながるという理論です。



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

オタフクソース、もともとは造酢会社!

前回のブログで紹介しましたオタフクソース。

オタフクソースの戦略
http://fpmba.blog.jp/archives/4154973.html

やはり授業を受けるだけでは無く、自分で調べ課題に取り組むと
より一層知識となり、取り組んだことが良い経験となります。

たくさん課題を抱えている時は大変ですが

オタフクソースのケースを読み興味深かった点を1つ!

もともとオタフクソースは戦後の復興の中で酢を造る会社だったようです。

造酢(ぞうす)がいつのまにかソースに

今でも酢は作っているようですが、圧倒的に売上はソースが占めていて。

本来メインで無かったものがメインとなる。

こういう会社も多いと思います。

ソースの売上を伸ばすとトレードオフで酢が伸びない。
そんな問題を解決するためにケースを読みレポートを作成しました。

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • 入学パーティー
  • 入学パーティー
  • 修士論文スタート
  • 修士論文スタート
  • ファイナルプレゼンテーション
  • ファイナルプレゼンテーション
  • ファイナルプレゼンテーション
  • タックスマネジメント 贈与税・相続税
  • 日本人の英語&実践日本人の英語
スポンサードリンク