ファイナンシャルプランナー、MBAへの道

内山FP総合事務所株式会社代表取締役内山貴博です。 FPとして仕事をする中で、クライアントからのビジネス相談に接する機会もあり、また、ライフプランを話す上で独立開業や事業承継などビジネスイベントも重要な要素だと感じています。そして何より自らも経営者として、改めて経済や経営をしっかり勉強したいと感じMBAへの挑戦を決意! 日々の取り組み、学んだことなどをまとめていきます。

会計(アカウンティング)

自己資本比率が高いのもダメ!?

自己資本比率は高いほうがいい!
とずっと思っていました。

image

左よりも右の方が健全で投資がしやすい。
そのように考えていました。

ただ、「格付けが必ずしも高い方がいい場合ばかりではない」
というブログでも紹介した考え方と似ていますが、
常に自己資本比率も高ければ良いというわけではありません。

格付けの話(詳細は以下ブログ)
http://fpmba.blog.jp/archives/3774269.html

これはWACCの考え方にもつながります。

やさしいWACC(加重平均資本コスト)
http://fpmba.blog.jp/archives/3946936.html

通常リスクとリターンは比例し、
預貯金、債券、株式とリスクが高まり、それに伴いリターンも
高くなります。

これはFPとしてよく話をしますが、見方を変えれば債券を発行して
資金調達するよりも株式での資金調達の方が高いリターンを求め
られる、すなわち配当はじめ株主還元でより多くのコストがかかる
ことになります。

すると、他の条件が同じであれば写真右側の会社は左側の会社よりも
WACCが高くなります。つまり、コストが高まり、求められるリターンも高い。

よって場合によっては積極的な負債の活用も!

負債=ネガティブなイメージがありました。
当然、負債に依存し過ぎるととデフォルトにつながりますので、財務の健全性を
見る場合、自己資本比率が高い方がいいという考え方は大切にしなければ
なりません。

ただ、上のような見方も加えながら分析するとより深く企業のこと、投資対象の
ことが見えてくると思います!

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

やさしいWACC(加重平均資本コスト)

WACCとは?
できるだけ簡単にまとめます!

企業財務やアカウンティングはじめ、MBAを勉強する上で重要な考え方の1つのようです。

WACC(ワック)と読みます。

公式は一見難しそう・・・

WACC=E/(E+D)×re + D/(E+D)×(1-t)×rd
(Eは株主資本、Dは有利子負債、reは株主資本コスト率、rdは有利子負債コスト率、
tは法人税率)

ただ、実際はそれほど難しくありません。
全体の資本に対する負債にかかる費用と株主資本にかかる費用の割合です。
そして負債にかかる費用、つまり支払利息は税務上経費(損金)となるため、
その分税負担が軽減されるので、発生した利息全額がコストとはみなしません。

よって、×(1-t)が表しているのは税効果を考慮した後の負債コストです。

以下、アカウンティングの授業で出てきた例題です。

・X社は株主から200万、借入で100万円調達して営業開始。
・株主が要求するリターンは12%
・負債の利率は10%
・法人税は40%

この場合、株主資本にかかるコストは200万に12%をかけた24万円、
負債にかかるコストは100万に10%をかけた10万円では無く、10万円は
経費で税率の40%分、4万円の節税につながるので、実質10万ー4万の
6万円が負債にかかるコスト。

よって資本にかかるコスト総額は24万+6万の30万。
それを全体の300万(200万+100万)で割ると10%。

いいかえると会社が調達した資産に対して上のケースでは10%コストが
かかっているので、これ以上の収益をあげなければならないという
目安になりますね。

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

格付けは低い方がいい!?

債券を発行する際に重視される国や企業の格付け。

AAA(トリプルエー)が最高格で

AA

BBBと続き、BBB(トリプルビー)までが投資適格とされ、
それ以下、BB(ダブルビー)からは投資不適格(ジャンク債)
とされます。

通常、AAA=最高格付けであり、私もAAAの国や企業の債券を
高く評価し、例えばそういった債券が含まれる投資信託などの
ことを「安全性が高い」といった表現をすることも。

または保険会社などについて言及する時も破たんリスクなどを
考えると格付けが高い方が望ましいと考えます。

もちろん上記考え方は間違いではありません。

これを大前提にアカウンティングの先生が紹介した考え方は
「企業のCFOにはAAAよりA(シングルエー)がベストと捉える人もいる。」
という考え方でした。

その理由はAAAをつけるためのコストです。
AAAをもらうためには現預金、当座資金が潤沢で自己資本比率が高く
ある必要があります。言い換えると借金・負債が少ない。

たしかに健全ではありますが、見方を変えると格付けを意識するあまり
現預金を潤沢に保有しているが、有効に活用する機会を逸しているかも
しれません。

または、自己資本比率を高く=負債比率を低くするために資金調達の際に、
社債発行や銀行借入より、資本コストの高い株式発行を優先しなければ
ならないかもしれません。

よって、トータルで見た場合、AAAを保つよりA付近で業績拡大していく
方が企業にとってプラスである。といった1つの考え方、大変参考になりました。

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)


アカウンティングの授業で学習したCCC。

CCC=売上債権回転日数+棚卸資産回転日数‐仕入債務回転日数

売上債権=売掛金
棚卸資産=在庫
仕入債務=買掛金

会計、簿記などでおなじみの表記に変換しました。

売掛金+在庫ー買掛金

これは運転資本(ワーキングキャピタル)。すなわち稼いでいるけど、
まだ現金化されていないもの、から、
払わなければならないお金を差し引いたもの。

まさに運転資本、これが大きくなると資金繰りに影響してきます。

よって、この運転資本それぞれの回転日数を算出することで、
実際に資金を獲得しているプロセスや資金繰りの健全性などを測る
ことができます。

簡便にすると企業が生産のために現金を投入してから現金を
回収するのにかかる日数を示す指標です。

売上債権回転日数=売上債権÷(売上高÷365日)
棚卸資産回転日数=棚卸資産÷(売上高÷365日)
仕入債務回転日数=仕入債務÷(売上原価÷365日)

CCCが短いほど手元資金が厚くなるため健全といえます。CCCが長いと、
会計上黒字でも資金繰りがうまくいかずいわゆる「黒字倒産」というリスクも。

改めて公式に目を向けます。

CCC=売上債権回転日数+棚卸資産回転日数‐仕入債務回転日数

売上債権回転日数=売上債権÷(売上高÷365日)
棚卸資産回転日数=棚卸資産÷(売上高÷365日)
仕入債務回転日数=仕入債務÷(売上原価÷365日)

売上債権額が大きければCCCは長くなります。(非効率)
確かに、売掛金が回収できずに積みあがっている状況は望ましくありません。
これは棚卸資産も同様です。在庫はできるだけ早く現金化したいです。
逆に仕入債務は自社が支払うものなので、すぐに支払うのではなく、できるだけ
先に支払う方が資金繰りが良くなります。

事業環境の変化が早く、現金の効率化が重視される中、CCCは
重要指標の1つとして意識する企業が増えているようです。

内山FP総合事務所株式会社
http://ufp.webin.jp/



  

にほんブログ村  にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • 入学パーティー
  • 入学パーティー
  • 修士論文スタート
  • 修士論文スタート
  • ファイナルプレゼンテーション
  • ファイナルプレゼンテーション
  • ファイナルプレゼンテーション
  • タックスマネジメント 贈与税・相続税
  • 日本人の英語&実践日本人の英語
スポンサードリンク